USB DACを作る 1

USB DACを作る! 第一回

USB DACを作る前に、まずは市販品を買って試してみます。

今回購入したのは以下のUSB DAC。

US .4 15% OFF|PCM2704 USB DAC USB Power fiber optic coaxial analog output for Raspberry Pi Raspbian RaspBMC Windows 7 need no drive|Integrated Circuits| - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

TiのPCM2704搭載です。送料込みで452円でした。(2019/4/15時点)

PCM2704の基本スペックは以下の通り

Supply voltage: 5 V (USB to take power).

Distortion: THD + N: 0.006% (RL> 10 k)

Distortion: THD + N: 0.025% (RL = 32 )

Signal to Noise Ratio: 98 dB,

Dynamic range: 98 dB

Headphone output power: 12 mW (RL = 32 )

↓メーカーサイト

https://www.tij.co.jp/product/jp/PCM2704

使ってみる

実際に使ってみます。WindowsPCであれば、標準ドライバで勝手に動くようです。

基板はMUTE/VOL+/VOL-ボタン搭載。

インターフェイスは入力がUSBタイプB(USB1.1)、出力がアナログ(アンバランス)とS/PDIFですね。

ボタンは全てWindows10上で動作しました。

聞いた感じですが、アナログ出力はホワイトノイズが大きいのがちょっと気になります。アナログ部分の改良で収まるでしょうか?

音質は正直、マザボ直差しの方がいいですね。

音量を変えると急激に音量が変わるのも気になります。

なぜ音量がおかしいのか?

調べたところ、音量カーブが以下のようになっているようです。(メーカ提供PDFより抜粋)

抜粋元: https://www.tij.co.jp/jp/lit/an/sbfa019/sbfa019.pdf

WindowsXPとそれ以降のOSで音量カーブが異なります。

PCM2704は古いICで、既に新規非推奨品。後継の2704Cが推奨品となっており、こちらは音量カーブが緩やかとなっています。

次回に続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました